送料無料!中古プロジェクター・中古スクリーン・電子黒板・交換ランプ格安・通販のゴンプロ。出荷が早い!平日営業日は午後2時のオーダー確定まで即日出荷。

自宅で使うプロジェクター

自宅で使う中古プロジェクター

いつかはホームシアター。
マイホームにおいては書斎と並び、お父さんの夢であります。
そんなホームシアターを現実のものにしてみませんか!?

ホームシアターのススメ

もしあなたのご自宅でプロジェクターを導入されるとしたら、何を観ますか?
お気に入りの名画でしょうか、それともスポーツでしょうか?
プロジェクターには液晶テレビには無い暖か味と、

今から観るぞ!!

という非日常があります。


液晶テレビではどうしても、「ダラダラ観」してしまうので、集中して観る事が出来ません。
飲み物とおつまみを用意してスクリーンの前に座るのです。

ホームシアターにはビールとおつまみと中古プロジェクター

ホームシアターはハイパワープロジェクターでなくて良い?

「ホームシアターには高価なハイパワープロジェクターは必要ない?」

その問いの答えは、YESです。

プロジェクターは黒を投影することが出来ない

問題は『黒』。
プロジェクターは光をスクリーンに投影して像を作るので、決して黒を表現することは出来ないのです。

黒を表現する方法はただひとつ、部屋を真っ暗にする事です。


映画において黒がいかに大切かは、説明するまでも無いと思います。
その黒を表現するために暗くした部屋の中で、不必要に明るいプロジェクターを使うと逆に目が疲れてしまうのです。

人間の目には『絞り』機能があるので、要は『ある程度』のコントラストがあればOK。
ホームプロジェクタの場合は、100インチまでのスクリーンが妥当なので、明るさに関しては2000ルーメンあれば十分です。

※スクリーンに投影されたプロジェクタの光が部屋の壁に反射し、
再びスクリーンを照らしてしまうことがあります。
部屋の壁もなるべく黒い厚手のカーテン(防音効果もあります)で覆うことが出来れば、モアベターです。

チェックすべきはカラーバランスとコントラスト

以上のことからホームシアターに適しているプロジェクターは
      明るさは1000~2000ルーメンが妥当
      コントラストは高いほうが良い
      カラーバランスが重要
      ファン音が小さいほうが良い
であると言う事ができます。
特にコントラストとカラーバランスが重要であります。
総合的にみますと、ゴンプロがオススメするのは「DLPプロジェクター」です。

DLPとは
DLP説明 画像

ここではDLP方式のプロジェクタは、液晶プロジェクターよりも、
コントラストとカラーバランス(色表現性)が良いと覚えておいてください。


営業日ご案内

2017年

10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年

11月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
…店定休日
ゴンプロへのお問合せはこちら
  • トップ
  •  > 
  • 自宅で使うプロジェクター