送料無料!中古プロジェクター・中古スクリーン・電子黒板・交換ランプ格安・通販のゴンプロ。出荷が早い!平日営業日は午後2時のオーダー確定まで即日出荷。

プロジェクターの色判断

プロジェクターの色判断

プロジェクターを選ぶ場合、十分な明るさがあるか、ムラが無いかなど、チェックしたい項目はたくさんあるのですが、中でも一番悩ましいのがカラーバランスではないでしょうか。

明るさや、ムラは見ればある程度は判断がつきやすいもの。
しかし、カラーバランスとなると、なかなか見分けがつきません。

例えば、もし、あなたが今会社にいらっしゃるのなら、お隣の同僚のモニターを見てください。
一見自分のモニターと同じように見えるかもしれません、
しかし、よく見比べてみると、若干の色合いの違いが分かってくると思います。

自分のモニターばかり見ていると気が付かないのですが、実はみんな色んなカラーバランスのモニターを使っているのです。

もし、ご自身のモニターよりもかなり青っぽかったり、緑っぽかったりのモニターを使用している同僚に、
「それ、色おかしくない?」と聞いてみても、
「どこが?」という返事が返ってくるでしょう。

カラーバランスの受け取り方には個人差があり、また、環境に慣れてしまうのです。
同じことはテレビにも言えますので、自宅に居られる方は、今のテレビ、寝室のテレビ、書斎のテレビ等を見比べみてください。

必ず違いが発見できるはずです。

まずは光の三原色を覚えましょう

どなたもどこかで聞いたことがあると思います。
「光の三原色」
光は「赤」、「青」、「緑」の三つの色から全て構成されているというものです。
逆に言いますと、この「赤」、「青」、「緑」の三つの色さえあれば、どんな色でも作り出すことが可能です。

SHARPさんがテレビコマーシャルで言っている、
「光は4原色」
というのは、宣伝上の演出(?)であって、物理学上はあくまでも3原色なので、騙されないでください。

光の三原色を覚えましょう
上記は光のの三原色を表にあらわしたものです。
「R(赤)」、「B(青)」、「G(緑)」の三原色のうち、
「R(赤)」と「B(青)」を混ぜると、「M(マゼンタ)」になり、
「B(青)」と「G(緑)」を混ぜると、「C(シアン)」になり、
「R(赤)」と「G(緑)」を混ぜると、「Y(黄色)」になります。

また、全ての色を混ぜると「W(白)」になります。

ここで覚えておくと便利なのは、「R(赤)」、「B(青)」、「G(緑)」の関係よりも、
「M(マゼンタ)」と「G(緑)」の関係
「C(シアン)」と「R(赤)」の関係
「Y(黄色)」と「B(青)」の関係
です。

表をご覧頂くと、それぞれ対角上に位置していて、これらの関係は「補色」に当たります。

「補色」の関係を覚えておくと、色の補正をしたい時に非常に役に立ちます。

補色の関係を利用して色の補正を覚えましょう

「M(マゼンタ)」と「G(緑)」、「C(シアン)」と「R(赤)」、「Y(黄色)」と「B(青)」はそれぞれ補色の関係にあることを説明しましたが、これを色の補 正に役立ててみましょう。

最初にも申し上げましたが、色合いには人間の好みや慣れなどの個人差があります。
プロジェクターメーカー担当者がもっているカラーバランスとエンドユーザーの感覚にずれがあることも多いのです。

Rが強いとき
もし、画像が「赤っぽい」なぁと思ったら、Rを引くか、Cを足してみましょう。
Gが強いとき
もし、画像が「緑っぽい」なぁと思ったら、Gを引くか、Mを足してみましょう。
Bが強いとき
もし、画像が「青っぽい」なぁと思ったら、Bを引くか、Yを足してみましょう。

以上が色補正の基本です。

実際には「赤を引く」と言っても、どの程度引くのかは最初は少しずつ調整し、試行錯誤の繰り返しだと思います。
また、「凄く赤くて、少し青い」と言う場合もありますので、その場合は「赤と青」もしくは「シアンとイエロー」をそれぞれ調整してやる必要があります。

こちらも慣れなので、根気よくやっていただければ、理想(好み)のカラーバランスを作り出すことが出来ます。

プロジェクターのどこで調整するか?

それでは実際、色補正を行うにはどうすれば良いのか?ご説明差し上げましょう。

プロジェクターの本体上部には操作パネルがあり、そこにある「メニュー」ボタンを押してメニューを呼び出してください。

実際の操作方法メニューボタン

※ごく一部の機種 (エプソンのELP-735やELP-730など)には操作パネル上に、メニューボタンが無い場合があります。その場合はリモコンからメニューを呼び出します。

メニューにある画像調整内の「カラー調整」を呼び出します。

※メーカーや機種によってメニュー内各パラメーターの名称が異なる場合があります。

実際の操作方法メニューボタン
RGB調整メニューの数値を調整し、色を補正して行ってください。
実際の操作方法RGBパラメータ

カラーモード機能を使いこなす

カラー調整を実際にしてみると、意外に難しいことがお分かりいただけると思います。
プロジェクターはホームシアターに使ったり、プレゼンに使ったりと用途によって、コントラストや明るさの使い方も違ってきますが、コントラストを上げると、せっかく調整したカラーバランスが変わってしまうことが良くあります。

そんな時はカラーモード機能を使うととても便利です。
こちらもメニューから呼び出すことが出来ます。

カラーモード機能を使いこなす

調整でも補正できない個体について

カラー補正の各パラメータを操作しても理想の色合いに近づけない個体について、弊社では全台チェックを行い、実際の投影画像を写真に撮り、色合いについて評価しています。
必ず、商品詳細画面をよくご覧頂き、色合いをご確認ください。

営業日ご案内

2017年

10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年

11月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
…店定休日
ゴンプロへのお問合せはこちら
  • トップ
  •  > 
  • プロジェクターの色判断