送料無料!中古プロジェクター・中古スクリーン・電子黒板・交換ランプ格安・通販のゴンプロ。出荷が早い!平日営業日は午後2時のオーダー確定まで即日出荷。

中古プロジェクターとスクリーンサイズ

中古プロジェクターとスクリーンサイズ 画像

中古プロジェクター購入を考えるに当たり「よくわからない」事の筆頭に上げられるのが、スクリーンとの関係。
スクリーン(画面サイズ)は日本でも通常はメートル(m)やセンチ(cm)ではなく、インチ(inchi)で表されるのが一般的です。しかし、このインチは日本人には直感的に把握しにくい単位であることは間違いありません。

 

スクリーンサイズ インチとセンチメートルの関係

スクリーンのインチとセンチメートルの関係

ホームシアターでは暗室での長時間視聴が基本になりますので、明るすぎると目が疲れてしまいます。ですので、60インチのスクリーンでは1200ルーメンぐらいで十分です。60インチとは横幅約122cm。一般的な日本の家庭なら60インチぐらいがちょうどいいと思います。

ワイドスクリーンのインチとセンチメートルの関係

DVDを観るにしても最近の主流は横長のワイド画面。ワイドの縦横比(アスペクト比)は上記のようになります。お分かりのように、ワイドのほうが面積が小さくなりますので、こちらも過剰なハイパワープロジェクターは必要ないでしょう。

営業日ご案内

2018年

1月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年

2月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
…店定休日
ゴンプロへのお問合せはこちら
  • トップ
  •  > 
  • 中古プロジェクターとスクリーンサイズ